おかゆダイエットの効果

健康的に10キロ痩せる方法

 

おかゆがダイエットの効果の一つ目は水分が多く、低カロリーでも満腹感を感じやすいことがあげるれます。少量のお米でも、お米が水分を吸うことで食べる量が増えるので、量のわりに低カロリーになります。

 

2つめは消化にいいということです。

 

おかゆは病気の時にすすめられるほど消化にいい食べ物です。消化にいい食べ物を食べることで腸内環境がよくなる効果があります。

 

そして、腸内環境がよくなることで宿便という腸に溜まった排泄物が少なくなります。これにより食べたものがスムーズに腸を通り過ぎるようになり、それが痩せることにつながります。なので、中からスリムになっていく効果があるダイエット方法なのです。

 

3つ目の理由はおかゆが熱いことです。

 

熱いものを食べると体も熱くなり新陳代謝が上がりカロリー消費量が増えます。

 

また、熱いため冷ましながら食べる必要があります。そのために早食いをすることができず、自然にゆっくりと食べるようになることで満腹中枢を刺激し少量でも満足できるようになる効果があります。

 

また、おかゆを食べるときはゆっくりとよく噛んで食べましょう。噛むことでさらに満腹中枢が刺激されるのでより満腹感が増す効果があります。

おかゆダイエットの方法

おかゆダイエットの方法を紹介します。

 

このダイエット方法はいっきに集中してに行う必要があります。

 

全ての食事を2週間おかゆに変える方法がおすすめです。とはいってもおかずがなければ美味しくないのでトッピングもつけて大丈夫です。トッピングは基本的に自由ですが、タンパク質が多いものが望ましいです。

 

また、おかゆを作る方法ですが、ご飯のつぶつぶが分かるほどドロっとしているものより、薄い水分が多く含まれるもののほうが効果的です。

 

そして、2週間のおかゆ生活が終わったらいつもの生活に戻しましょう。

 

いつもの生活といってもリバウンドを避けるためにあまり食べすぎないようにすることが大切です。生活を元に戻したら体重が増えることもありますが、それはおかゆに含まれた水分が原因なので安心してください。

 

いつもの生活を続けることでだんだん水分が抜けてくるはずです。いつもの生活に戻したらまた体重が戻ってしまうんじゃないの?と心配の人も多いと思います。しかし、このダイエット方法を行った後なら身体の腸内環境もよくなり、消化もスムーズになっているため、ダイエットを始める前より太りにくい身体になっています。食べ過ぎてまた太るようなら、また2週間おかゆ生活を行いましょう。大事なのは太りにくい身体になることです。