三温糖とは

真っ白な色をした上白糖と違い、少し茶色がかっているのが三温糖です。

 

色が付いているから精製度が低く、ミネラルなどの栄養分が豊富に残っているのかと勘違いしている人が多いようですが、意外と大きな差はありません。

 

上白糖に比べるとほんの僅かミネラル分が多いですが、摂取した時の効果には違いが無いようです。三温糖は他の砂糖と同じようにサトウキビから作られており、グラニュー糖などを作った後に残った糖液を再び煮詰める事で茶色くなっていきます。

 

この茶色は加熱をする事によって着く色なので、黒砂糖やきび砂糖などのミネラルが残っている為の色ではありません。しかし、三温糖は甘みを強く感じられる砂糖なので、煮物や佃煮などを調理する時に使用すると強い甘みやコクが感じられるので美味しくなります。

上白糖とは

上白糖は真っ白でしっとりとした感触の砂糖です。

 

粒が大きめのグラニュー糖よりもサラサラとした感触をしているのが特徴です。クセがなく溶けやすいので飲み物に入れて甘みを出したり、お菓子作りや料理作りにもよく使われています。同じお菓子作りでも、特にしっとりとした食感を出したい時に多く使われます。上白糖には、グラニュー糖よりも甘みが強く感じられるという特徴があります。焼き菓子などに使った場合には、焼き色がくっきりつきやすいという特徴も持っています。

 

上白糖も他の砂糖と同じように「サトウキビ」を原料に作られていて途中まで工程は同じですが、その後でしっとりとした食感になるよう調整されています。真っ白な色をしているのは不純物などを取り除いているからで、ミネラル分はほぼ残っていません。

ダイエッターは三温糖と上白糖ならどっちを使うべき?

少しでも痩せたいダイエッターの人の中では、スーパーのお砂糖売り場では三温糖と上白糖、どっちの砂糖を選んだら良いかと悩む人もいるようです。

 

ですが、三温糖と上白糖のカロリーやミネラル分にはほとんど違いが無いため、ダイエッターの人にとって、どっちの砂糖を使ったとしてもあまり変わりはありません。逆に危険なのは、ダイエッターの人が三温糖の方が精製度が低いと勘違いして使用してしまう場合です。

 

結局どっちを選んでも糖分なため、ダイエッターの人にとって好ましいものとは言えません。ダイエッターの人は、1日の中での摂取量をきちんと決めておき、どっちも過剰に摂取するのは避けた方が良いでしょう。

 

ただ、料理に使う場合に、どっちかと言えば三温糖の方がコクが出やすい為、満足感を感じやすいという事が僅かにあるかも知れません。